春の自然観察会2016

 4月24日(日)ムクゲ自然公園で園内ガイドツアーに参加しました。昨年より季節の進みが早く、春というより初夏の様相です。2時間ほどかけて園内を一周してきました。カメラには、マクロレンズをつけていったため、クローズアップの写真が主体になっています。

087A7343.jpg
1 稲穂山古墳にて
 満開のヤマツツジのもと、稲荷山古墳についてひとくさり。
087A7363.jpg
2 ヤエザクラ
 先週の日曜日(4月17日)に咲き始めたヤエザクラは、満開になっていました。イカリソウもまだ咲いています。ヤマツツジが満開間近です。

087A7307.jpg
3 ヤエザクラの塩漬け
 先週公園から頂いていって自宅で作ったものです。おむすびにしてみました。

087A7331.jpg
4 カラスノエンドウ
 駐車場の隅で咲いています。若い鞘は食べられますが、ニンゲン用のほうが美味しい。

087A6954.jpg
5 オトコヨウゾメ
 山道を歩いて行くと、ちょうど花が咲いているので、あちこちにあるのが分かります。

087A7197.jpg
6 ガマズミ
 オトコヨウゾメと似ていますが、花が塊で咲いているのがガマズミです。どちらも秋に赤い実をつけます。

087A7152.jpg
7 チゴユリ
 この公園では、よく目にします。ちょうど見頃です。

087A7340.jpg
8 二花のチゴユリ
 ほとんどのチゴユリは一花ですが、希にこんなのもあります。

087A7088.jpg
9 ツクバネウツギ
 一般的には1カ所から二花咲きですが、これは一花欠けています。早咲きの株がいくつか目についた程度ですが、木はたくさんあるので、これから見られます。

087A7121.jpg
10 ヤマウルシ
 雑木林の中にはかなりの数生えているので、かぶれる人には注意が必要です。

087A7344.jpg
11 秩父方面の展望
 散策路のいちばん高い地点の南側の木が伐採されて、見晴らしがよくなりました。木が生長するまでの数年間は、この風景を見ることができます。中央部に市立体育館が見えます。

087A7351.jpg
12 ウワミズザクラ 
 ヤマザクラの花の形とは違いますが、サクラの仲間です。

087A7127.jpg
13 ウワミズザクラ拡大図

087A7354.jpg
14 アオダモ(雄花)
 先日この公園にはアオダモの大木はないと書きました。大木ではありませんが、直径10㎝ほどの木が1本あります。野球のバットはとれませんが、このくらい花が咲くと、鑑賞に向くのではないでしょうか。

087A7167.jpg
15 サンショウ(雄花)
 雄花を花山椒にします。管理人は自宅の畑の脇に生えている木のつぼみを佃煮にして食しています。

087A7380.jpg
16 ハナイカダ(雄花)
 面白い位置に花が咲きます。この新芽も食べられますが、管理人は食していません。

087A7017.jpg
17 ハルリンドウ
 最後に青い花を三つ。この花は、よく見かけます。

087A7372.jpg
18 ホタルカズラ
 珍しい花です。埼玉県では、『絶滅危惧II類(VU):絶滅の危険が増大している種 』に分類されています。1/3くらいの県で絶滅危惧種に指定されています。

087A7361.jpg
19 ラショウモンカズラ
 絶滅危惧種に指定はされていませんが、珍しい花です。
 なお、園内の動植物(菌類も)は、採取禁止です。ただし、サクラの花などはオーナーに許可を得れば頂けます。
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)