唐松岳から五竜岳

 職場の同僚と北アルプス、唐松岳に登ってきました。5月に西穂高岳に登った人たちです。

087A1073.jpg
1 朝6時に八方池山荘を出発
  右上に見える赤い屋根の建物が八方池山荘です。八方池山荘の標高は1850m。眼下に雲海が広がっています。3人とも体調良好です。
087A1078.jpg
2 八方ケルン 1974m
 後ろに見えるのは白馬三山(白馬、杓子、白馬鑓)の雄姿。

087A1083.jpg
3 その先 
 前方には、不帰ノ劔(かえらずのけん)が見えます。

087A1095.jpg
4 八方池 2060m
 残念ながら完全な鏡面にはなっていませんでしたが、これだけ写っていれば良としましょう。

6:40 通過

087A1101.jpg
5 稜線の登山道
 観光協会の区分では、ここからが登山区域のようです。  

087A1105.jpg
6 樹林帯
 下の樺という名前がついています。名前の如く大きなダケカンバが何本も生えています。

087A1149.jpg
7 ハイマツ帯
 しばらく登ると、植生は、ハイマツ主体になります。

7:50 通過

087A1166.jpg
8 五竜岳 2814m
 今日目指す五竜岳が雲から顔を出しました。その先、鹿島鑓ヶ岳は残念ながら雲の中です。

087A1171.jpg
9 山肌をトラバース
 
087A1184.jpg
10 不帰ノ劔

087A1189.jpg
11 もうすぐ山荘

087A1193.jpg
12 唐松頂上山荘 2620m

8:40 着

087A1210.jpg
13 唐松岳頂上から見た唐松頂上山荘


087A1200.jpg
14 山荘の石垣
 几帳面な職人さんの仕事です。

087A1201.jpg
15 唐松頂上山荘から見た唐松岳 2696m

9:05 唐松岳頂上

087A1208.jpg
16 唐松岳頂上から見た不帰ノ劔、白馬鑓ヶ岳方面
 東側は、ガスが湧いています。

087A1205.jpg
17 唐松岳から見た剱岳
 ガスがかかっているので、頂上が見えるのを待っての撮影です。

087A1209.jpg
18 唐松岳から見た五竜岳 2814m
 こちらもガスが湧いています。

087A1215.jpg
19 五竜山荘
 小さいですが、五竜山荘も見えます。本日の宿泊予定地です。

087A1217b.jpg
20 イワヒバリ
 唐松岳山頂にいました。デジタルズームです。

→ つづく
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)