春の自然観察会

 ここ数日初夏を思わせる日が続いて、ムクゲ自然公園のなかも緑が濃くなってきました。秩父山里文化研究会主催の自然観察会です。参加者は野草を描く会の方々と公園スタッフ合わせて10名ほどです。

P1150080.jpg
1 散策路入り口
 最初は、稲穂山古墳下の散策路を行きます。
087A7825.jpg
2 フキの綿毛
 蕗の薹は立派に生長して綿毛を飛ばしています。蕗の葉は、ちょうど今が食べ頃です。

087A8069.jpg
3 タンポポの綿毛
 これはタンポポの綿毛です。在来種は綿毛になっていますが、最近増えてきたセイヨウタンポポは、綿毛を飛ばしながら引き続き花を咲かせています。

087A7942.jpg
4 イカリソウ
 この辺りでは、早春から春の花は終わりに近づいて、初夏の花が咲き始めています。その中でイカリソウは、長期間見ることができます。

P1150083.jpg
5 稲穂山古墳直下の散策路
 

P1150084.jpg
6 稲穂山古墳頂上
 古墳についてひとくさり。

087A8103.jpg
7 ハハコグサ
 春の七草の一つですが、この辺りの人で食べる人はあまり見かけません。

087A8062.jpg
8 ハルジオン
 花には虫がつきものです。バッタの幼虫も大きくなってきました。

087A8036.jpg
9 ハナイカダ
 こちらは、ハナイカダの雌花に飛んできたアシナガバチです。

P1150090.jpg
10 イタヤカエデ
 最近秩父で売り出し中のイタヤカエデの樹液についてひとくさり。

087A7832.jpg
11 ジュウニヒトエ
 散策路はここから上へは向かわず、横へ向かいます。石の階段に咲いていた十二単です。

087A7830.jpg
12 ヤマツツジ
 この辺りにはヤマツツジがたくさんあり、ちょうど満開です。

087A8124.jpg
13 ラショウモンカヅラ
 この花も見頃です。一面というほどではありませんが、群生しています。

P1150091.jpg
14 昨年間伐をした林
 緑が濃くなってきました。

087A7945.jpg
15 ハルリンドウ
 足下の散策路には、ハルリンドウが咲いています。群生というほどではないけれど普通に咲いています。

P1150094.jpg
16 散策は沢沿いの道へ

087A8137.jpg
17  カタクリの実
 葉はすでに枯れています。花が咲いていたのは、1ヶ月ほど前でした。同じ時期に咲いていたアズマイチゲも枯れ始め、ニリンソウも花が終わるところです。

087A7911.jpg
18 シャガ
 替わって、沢筋にはシャガが咲いています。写真には撮りませんでしたが、ホウノキの花やミズキの花が咲き始めました。フジも満開です。

P1150073.jpg
19 ヒツジの毛刈り
 公園で飼っている羊も毛を刈って夏支度です。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)