間伐14-3

 4月5日(日) 間伐作業も終盤に入ったので、秩父山里文化研究会主催のキノコの駒打ち体験をやりました。天候が安定せず、午前中は雨が降っていましたが、開始予定の13時にはやんでいたので、少しだけ打ちました。今回は、シイタケ1000駒、ナメコ1000駒、エノキタケ1000駒を用意しましたが、そのうちエノキタケ500駒を打ちました。残りは、来週12日(日)に打ちます。

087A7324.jpg
1 エノキタケの原木
 用意したのは、エノキ(左)とケヤキ(右)です。看板は、つい先ほど作りました。
087A7323.jpg
2 ナメコの原木
 サクラを用意しましたが、量が足りません。来週までに用意しなければ。

087A7325.jpg
3 シイタケの原木
 コナラ、クヌギが最適なので、間伐したものが大量にあります。

087A7310.jpg
4 花より団子 その1
 染井吉野がちょうど満開です。あいにくの天気なので、花見の雰囲気ではありません。そこで、花より団子ということで、自家製サクラむすびと公園内で期間限定で販売されている、サクラソフトクリームです。

087A7337.jpg
5 花より団子 その2
 桜のチップで燻したニジマスです。ストーブの上で作りました。

087A7332.jpg
6 薪は、搬出作業中
 間伐作業も終盤に入ってきました。玉切って林の中から車が入れるところまで搬出しておいた木を、それぞれの自宅まで運びます。この軽トラは、座席がリクライニングできる優れものです。その分荷台の容量は少なくなりますが。
 
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)