雨とイワナにたたられた恋ノ岐川2

2日目

P1110052.jpg
13 今日は停滞
 朝から雨です。それもかなり強く降っています。タープの下でじっと我慢していますが、タープ1枚では雨が防ぎきれません。
 川も増水してきました。強弱を繰り返しながら、雨は降り続きます。この時、この地方には、大雨洪水警報が出ていたようです。今度からラジオ持ってきた方がよさそう。

P1110063.jpg
14 増水した流れ
 3人で話し合って、午前中に雨がやんだら今日中に撤退しようということに決めたのですが、雨のやむ気配はありません。午後になって雨はやっと小降りになり、川の水も減水してきましたが、恋ノ岐は3人とも初めてだったので、もう1日ここで停滞することにしました。

P1110075.jpg
15 本日の納竿点
 夕方になり、減水したので、上流部をほんの少し探索しました。しかし雨が完全に上がったわけではなく、不安定な天気は続きます。

P1110068_20130817133155315.jpg
16 この時期に天然ナメコとは
 昨日遡行の途中で見つけたものです。おいしくいただきました。昨日も今日も雨の中の夕食だったので、いろいろと大変でした。それでもめげずにテンプラなんぞ作っちゃったんですけど。

3日目

P1110086.jpg
17 オホコ沢遡行 
 3日目も雨模様だったので、朝イチで下山の準備にかかりました。下山といっても、まずこの沢を稜線まで詰めます。さいわいなことに、水は、平水です。

6:00発

P1110087.jpg
18 オホコ沢の流れ 
 この谷も開放的です。

6:10通過

P1110092.jpg
19 ???の滝 
 時々滝が現れますが、難なく登れます。

6:30通過

P1110104.jpg
20 最後の滝  
この滝の上部は、平瀬になります。

6:47通過

P1110108.jpg
21 十字峡 
 今までは本流筋を遡行してきましたが、ここから支流に入ります。といっても本流が右に曲がっているので、この十字峡を直進します。

7:10通過

P1110117.jpg
22 大倉山上部の登山道    
 水が切れて藪漕ぎになりましたが、5分もしないで登山道にぶつかりました。解説本にある水場より100mほど下部になります。ここで偶然、登山道を管理している方に遭いました。冗談でなく熊に間違われたようです。まあ、こんな雨の日に藪をこいで出てくるのだから無理はないですが。

7:56着
大倉山8:16  
下大倉山9:10

 P1110138.jpg
23 下大倉山下部の登山道  
 一休みして登山道を下山します。下大倉山までは稜線歩き、その先は、かなりの斜度の下降です。相変わらずの雨模様のため、登山者には一人も会いませんでした。 

9:20通過

P1110152.jpg
24 その下部の登山道   
 山を下りきる前に稜線上で昼食休憩。お昼前には無事下山しました。

10:10通過
平ヶ岳登山口の駐車場11:30  
恋ノ岐川駐車場11:50
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)