雨とイワナにたたられた恋ノ岐川1

 2013年7月13日(土)~15日(月)

1日目

P1100965.jpg
1 恋ノ岐橋 
荒川水系渓流保存会の人たちと、恋ノ岐川に行ってきました。事前の天気予報ではまずまずのはずでしたが、いざ行ってみると‥‥‥
 
 5:35発
 平ヶ岳登山口の駐車場に集合。1台を下山用にここへデポして、もう1台で恋ノ岐川へ向かいます。橋のたもとの駐車場には、すでに1台車がありましたが、先が長いので気にせず入渓しました。

P1100973.jpg
2 最初の雪渓
 30分もしないうちに、雪渓が現れました。この雪渓は小さいので問題ありませんが、谷を覆い尽くすような雪渓は、3人とも通過したくない、ということで、もし出会ってしまったらそこで引き返すということで遡行を続けました。

5:54通過

P1100981.jpg
3 恋ノ岐の流れ 
 雪代の終わった沢は、渇水状態です。特にゴーロ帯にはあまり水量がありません。清水沢出会いまでは、落差もそれほどではく、落ち込みと釜とゴーロの繰り返しです。

7:00通過

P1100992.jpg
4 F1と呼ばれている滝 
 落差がないといってもいわゆる「滝」の形状をしたものはいくつも越えてきたのに、なぜここがF1〈下流から数えて最初の滝〉と呼ばれているのかよくわかりません。滝上部から撮影。

7:10通過

P1100998.jpg
5 清水沢出会い 
 ここにはかつて山菜採りの小屋があったそうですが、今は跡形もありません。それに伴って山菜小屋までの山道もはっきりしなくなっているようです。我々も山道を探したのですが、途中でよくわからなくなってしまい、川を遡行してきました。

8:00通過

P1110008.jpg
6 心地よいナメ 清水沢出会いを過ぎると、ナメが続きます。天気がよければなお気持ちがいいと思いますが、あいにく今日は、小雨が降ったりやんだりの空模様です。

8:10通過

P1110023.jpg
7 F2?の滝  
右岸から沢の流入している二条の滝。ここで小休止。

9:00通過

P1110029.jpg
8 ふたつ目の雪渓
 ここより少し手前から竿を出しました。しかしイワナの反応はよくありません。先行者の足跡らしきものも確認されます。
 この雪渓も難なく通過し、少し先で昼食休憩。

11:00通過

P1110038.jpg
9 Fいくつだかわからない滝1 
 この川の「滝」の基準がよくわからないのですが、恋ノ岐川の中では落差のあるほうです。

12:53通過

P1110041.jpg
10 Fいくつだかわからない滝2  
 そろそろ疲労がたまってきました。遡行を始めて8時間経ったのだから当然といえば当然なのですが、体力的な疲労というより、イワナが釣れないという精神的な疲労の方が大きい気がします。

14:36通過

 足跡の主には、この先で出会いました。彼らはすでにタープを張って宴会モードだったので、少し雑談をして先に進みました。しかし今日の入渓者がいないことがわかったあとでもやはりイワナの反応はよくありませんでした。

P1110047.jpg
11 Fいくつだかわからない滝3  
 沢は開放的で適度な落差があり気持ちがいいのですが、時間も遅くなってきたし、アタリもないので、先を急ぐことにしました。そろそろ、オホコ沢出会いの幕営予定地に着くはずなのですが。

16:10通過

P1110048.jpg
12 オホコ沢との合流点 16:30着 
 右岸からの流入がオホコ沢です。テン場は、左岸を少しのぼったところにあります。山菜の作業小屋があった跡らしく、広いのですが、あまり利用されていないようでした。テン場に着いたら強い雨が降ってきてきてしまい、設営が大変でした。
       → 後半につづく
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)