八ヶ岳2

10月14日(月)~15日(火)に登った八ヶ岳の続きです。

P1120081.jpg
21 赤岳の下り
 台風26号が接近していて天候に不安がありましたが、まだ青空も少し見えていたので、予定通り硫黄岳まで稜線を歩いてから下山することにしました。こちらの登山道も急傾斜です。
IMG_8232.jpg
22 鞍部から振り返った赤岳
 手前の小屋が赤岳展望荘、頂上にあるのが赤岳山頂荘です。

6:35 赤岳山頂荘 発
6:50 赤岳展望荘 通過

IMG_8229.jpg
23 横岳登山道


P1120093.jpg
24 横岳登山道2
 阿弥陀岳・赤岳に劣らぬ岩場の続く山です。

P1120098.jpg
25 振り返って
 歩いてきた阿弥陀岳・中岳・赤岳の稜線です。風が強く体感温度が下がってきたので、カッパを着用しました。
 
P1120102.jpg
26 横岳山頂
 後ろに見えるのが、今日の出発地点、赤岳です。

7:50 着


P1120107.jpg
27 横岳登山道3
 岩場が続きます。硫黄岳山荘が近づくとなだらかな稜線に変わります。

P1120112.jpg
28 硫黄岳山荘

8:22 通過

P1120119.jpg
29 硫黄岳山頂
 赤岳、横岳と違って頂上はなだらかです。雨がぱらついてきたので、長居をせずに下山しました。

8:40 通過

P1120127.jpg
30 赤岩の頭から見た硫黄岳
 こちらから見るといわゆる山っぽく見えます。このあと樹林帯に入り展望がきかなくなります。

8:53 通過

P1120137.jpg
31 赤岳鉱泉
 小屋を作るのに木を切ったためここだけは展望がききます。正面の山は、横岳で、高く見えているところは、頂上ではなく大同心、小同心の岩場です。岩登りの人たちがよく登っています。今日も横岳山頂にいたとき、3人のパーティーが登ってきました。
 
9:54 着
10:07 発

P1120141.jpg
32 林道
 赤岳鉱泉を出て20分ほどしたら雨が降り始めました。林道の脇の林は、苔むしていて風情があったのですが、味わっている余裕がありません。次第に雨あしが強くなって、美濃戸山荘あたりからの道のりの長かったこと。
 今日の歩行時間は、5時間45分でした。

10:48 林道終点
11:37 美濃戸山荘
12:20 美濃戸口駐車場 着
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)