八ヶ岳

職場の同僚と秋の八ヶ岳を堪能してきました。登ったのは10月14日(月)~15日(火)です。

P1110968.jpg
1 黒木の尾根道を行く
 赤岳山荘の駐車場に車を止めて、尾根道で阿弥陀岳から赤岳へ向かうことにしました。別荘地を抜けると登山道になり、すぐに尾根道になります。

4:00 自宅発
7:50 美濃戸口駐車場 着
8:15         発
8:45 林道終点
P1110981.jpg
2 コメツガの木
 天気は良好なので、樹林帯も快適に進みます。最初はカラマツの植林帯ですが、自然林に変わります。あまり太い木は見当たりませんが、たまに風情のある木も見られます。3時間ほどは、樹林帯の中で視界がききません。

9:53 御小屋山
10:00 休憩1
11:15 休憩2


P1110993.jpg
3 森林限界より見た阿弥陀岳
 森林限界まで来ると一気に視界が広がります。阿弥陀岳の場合、斜度も増します。

11:52 森林限界


P1120002.jpg
4 阿弥陀岳上部から
 振り返ってみると、斜度が一層強調されます。
 
12:13 稜線 着

IMG_8058.jpg
5 阿弥陀岳稜線
 稜線を少し歩くと山頂に着きます。天気がよいので視界良好です。高度感もあります。

P1120027.jpg
6 阿弥陀岳山頂から見た主峰赤岳
 阿弥陀岳は、信仰の山です。頂上には阿弥陀如来が鎮座しています。ここで大休止。

12:32 阿弥陀岳頂上 着
13:05        発

IMG_8070.jpg
7 阿弥陀岳山頂から見た行者小屋
 我々と同じコースをとる人よりも行者小屋から上ってくる人の方が多いように見受けられます。

P1120036.jpg
8 阿弥陀岳の下り
 こんな下りが続きます。

IMG_8125.jpg
9 中岳から見た阿弥陀岳
 上ってきた道よりこちら側の方が急傾斜です。

13:20 鞍部(中岳のコル)
13:38 中岳頂上

IMG_8111.jpg
10 中岳から見た赤岳

13:55 鞍部
14:09 文三郎尾根分岐

IMG_8126.jpg
11 行者小屋からの登山道 拡大図
 10の写真の中央左からの登山道を拡大したものです。

IMG_8133.jpg
12 赤岳登山道から振り返る
 だいぶガスが上がってきました。阿弥陀岳山頂はガスの中です。

IMG_8131.jpg
13 赤岳最後の岩場
 頂上までもう一息です。

P1120069.jpg
14 赤岳頂上より赤岳山荘
 6時間半で頂上に到着しました。山荘は目の前です。今夜はここで泊まります。

14:40 赤岳山頂 着

IMG_8163.jpg
15 赤岳山頂から見た横岳
 宿泊手続きを済ませて、ひと休みしていると、ガスで視界がきかなくなってしまいました。展望がきかなくて残念と思っていると、しだいにガスが切れてきました。外へ出てみると、横岳がガスの中から出てきていい感じです。
 
IMG_8156.jpg
16 拡大図

IMG_8161.jpg
17 影赤岳
 赤岳の影も見えます。頂上の辺りにちょうど夕日を反射している建物があったので、おもしろい画になりました。

IMG_8190.jpg
18 日没間近
 手前の山は、阿弥陀岳です。
 

IMG_8200b.jpg
19 拡大図
 拡大したら、今日の太陽は四角くなっていました。(トリミングしてあります)

17:18 日没

IMG_8195.jpg
20 赤岳北峰より南峰山頂
 それほど綺麗な夕焼けにはなりませんでしたが、雲海は綺麗でした。

その2に続く
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)