荒沢

 三連休の初日、7月15日(土) に大洞水系荒沢に行ってきました。荒沢も最近行っていないところです。先週先々週と同行したS氏も初めてだということで、一緒に出かけました。 

P7150003.jpg
1 荒沢橋
 大除沢の時と同じくここでも他の釣り師と沢割りをすることになり、我々は当初予定していた荒沢上流部へ入ることになりました。

4:40 サメ沢ゲート 発
5:08 荒沢橋 通過
P7150005.jpg
2 杣道を進む
 別の釣り師が荒沢の下流部を釣ることになったので、暫く沢に沿って作られている山道を進みます。しかし、途中で道を間違えてしまい、桂谷合流点より少し上部に降りてしまい、さらに桂谷を本流と思い込んで暫く遡行してしまいました。

P7150022.jpg
3 桂谷二股 右から流入する枝沢の滝

P7150023.jpg
4 桂谷二股 左から流入する本流の滑滝
 ここまできて、ここは桂谷であって、本流ではないということが確定して本流へ戻ることにしました。戻る途中で、川へ降りるのと尾根を越えるので同じくらいの労力がかかりそうな場所に行ったとき、試しに尾根へ上がり尾根道を降りるコースへ行くことにしました。頼りになるのは、前回の仕事道の名残ではなく、はっきりはしていますが、鹿などが通っている獣道です。この道がなかなかなものでした。谷を降りるよりだいぶかかりましたが、無事桂谷と本流の合流点までたどり着きました。
 
6:38 桂谷二股 折り返し

P7150039.jpg
5 桂谷合流点の大岩

8:14 桂谷合流点 休憩

P7150043.jpg
6 荒沢の流れ
 体力をだいぶ消耗したので、ベンガラの滝まで歩くのはやめてここから釣行を開始しました。

 8:28 釣行開始

P7150048.jpg
7 シカ
 今日は鹿道を利用させていただいたので、敬意を表して。
 
P7150055.jpg
8 アシ沢合流点にあるカツラの大木
 今回もモデル付きで。立派な桂の木です。こちらの沢が桂谷という記載のある本があることも頷けます。

8:57 通過


P7150058.jpg
9 その先の流れ

P7150064.jpg
10 ベンガラの滝
 沢屋さんはここを直登するということなので、挑戦してみました。写真には写っていない右側の岩から登れます。同行のS氏が動画を撮ってくれたのでご覧下さい。

[広告] VPS


9:16 通過

P7150122.jpg
11 イタヤカエデの大木

P7150127.jpg
12 ケヤキの大木

P7150129.jpg
13 菅ノ平
 ほぼ平らな自然林がつづき、とても気持ちのいい場所です。 
 
P7150081.jpg
14 トチの大木
 反対側から見ると内部が朽ちていますが、立派なトチノキです。菅ノ平には写真のイタヤカエデやケヤキやトチノキの他にも何本ものトチノキやカツラ、シオジなどの巨木が生えています。

10:55 通過

P7150088.jpg
15 菅ノ平上流の流れ
 流れが安定していて渓相はいいのですが、相変わらずイワナの機嫌は悪くて、精神的にはよろしくありません。

P7150112.jpg
16 井戸淵
 時間が少々押してしまいましたが、予定していた井戸淵までは来ることができました。
 
13:06 井戸淵 着 納竿
13:25       発

P7150119.jpg
17 帰りの山道
 帰りは、右岸にあるという杣道を探しながら行きました。井戸淵からベンガラの滝までは、道がはっきりしていて迷うことなく進めましたが、ベンガラの滝を過ぎた辺りで、また、迷子になってしまいました。

P7150135.jpg
18 タマゴタケ
 間違ってしまった道を修正する途中で、「今回の山道の読み取り間違いは、レッドカードでしょう」って言われているように生えていました。

P7150139.jpg
19 再び荒沢橋 
 桂谷との合流点で道を修正して、そこから下流は正しい山道を下りました。今回も疲労感の大きい釣行でした。

14:58 桂谷合流点 通過
15:26 荒沢橋 着
15:58 サメ沢ゲート 着

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)