金山沢再び

 先日、知人から荒川林道を、大荒川沢と小荒川沢出合の荒川小屋跡まで探索してきた結果、十分使えそうだという情報を得たので、日帰りで出かけてみました。荒川林道は、林道といっても車が入れるものではなく、入川の右岸に作られた山道のことです。


P5150005.jpg
1  入川森林軌道
 まずは入川の森林軌道を発電所の取水口まで行きます。

4:45 入川釣り堀駐車場 発
P5150008.jpg
2 発電所取水口
 入川にある東京発電株式会社の発電用の取水口です。ここから登り始めます。

5:21 取水口 着 
5:31       発

P5150012.jpg
3 目印の赤テープ
 最初からいきなり急登です。道ははっきりしませんが、東大演習林地内なので、随所にテープが巻き付けられています。、テープを見失わなければ順調に登れます。

P5150017.jpg
4 ここからは尾根道
 最初の急登を数十メートルほど登り、右側へトラバースします。この写真のところまできたら、尾根道になります。登り始めてちょうど30分経ちました。

6:02 通過

P5150018.jpg
5 尾根道
 最初の登りに比べれば緩やかで幅の広い尾根です。ここを少し登ります。

P5150227.jpg
6 再びトラバース 
 ここで再びトラバースして、また次の尾根道を登ります。

6:19 通過

P5150025.jpg
7 ツガの倒木 
 道のはっきりしない尾根を目印のテープを頼りにひたすら登っていきます。荒川林道は標高1270m 地点にあるということなので、カメラについている高度計で確認しながら登っていきます。この倒木(林道側から撮影)を越えたところではっきりした山道が現れました。標高から荒川林道で間違いないようです。

6:50 林道 着 休憩
7:02     発

P5150218.jpg
8 分岐の目印テープ
 ここは、帰りのためにしっかり確認しておきます。

P5150031.jpg
9 荒川林道
 入川左岸の登山道と遜色がないほどはっきりした山道です。ここからは等高線に沿って道が続いているので、快適に進めます。

P5150041.jpg
10 尾根
 等高線に沿った道なので、この尾根は回り込みます。尾根にもはっきりした道があるので、そちらへ行かないように。

P5150042.jpg
11 崩壊地点1
 山道は、ところどころ崩壊しています。しかし、崩壊地点にはトラロープが設置されているので、慎重に進めば大丈夫です。 

P5150044.jpg
12 崩壊地点2
 中小屋沢へ降りる地点です。道はトラロープの上側を右方向に続いていますが、岩をへつらないと行けないので、このロープを使って降りてしまうのも一つの方法です。行きにはここを降りて、帰りには本来の道をへつって通過しました。 

P5150051.jpg
13 中小屋沢
 奥の二股です。写真には写っていませんが、小屋跡の石組みが残っています。

7:24 中小屋沢 着
7:28        発

P5150060.jpg
14 シャクナゲ
 その先の尾根も回り込みます。この尾根にもしっかりした道がついているので、間違えないように。このあたりからシャクナゲが現れ、ちょうど見頃でした。

P5150061.jpg
15 崩壊地点3
 ヒダナ沢手前の崩壊地です。

8:02 ヒダナ沢 通過

P5150062.jpg
16 ヒダナ沢先の荒川林道
 崩壊地や倒木で道のなくなったところも多いですが、まだこのように道のはっきりしたところもあります。

P5150068.jpg
17 林道分岐点
 この尾根の先から道が不明瞭になるという情報なので、休憩して地図で確かめます。結果写真中央部に向かう道に進みました。道ははっきりしており、すぐに黄色い杭が打ってあるのを見つけました。東大演習林のの観察路だろうということが分かったので、そのまま進みます。目印のテープもところどころについているので、それを確認しながらゆけば大丈夫です。詰めの尾根道の登りが少しこたえましたが。

8:05 着 休憩
813 発

P5150070.jpg
18 再び林道に
 ここから、また林道に合流します。この先、大きな倒木を越え、枯れた笹のある道を暫く行くと荒川小屋跡に降りる分岐点があります。

8:41 通過

P5150072.jpg
19 荒川小屋跡への分岐点
 急勾配のジグザグ道を目印テープに沿って降りていけば、大荒川沢と小荒川沢の合流点にある荒川小屋跡につきます。川は目の前です。

8:59  通過

P5150079.jpg
20 入渓点の流れ
 ここで食事をし、ひと休みして、釣りの準備をします。取水口から3時間40分ほどかかりました。知人は、4時間ほどかかったといっていたので、予定どおりです。

9:09 入渓点 着
9:30 釣行 開始

P5150082.jpg
21 大荒川沢と小荒川沢合流点
 先日は、ゴンザの滝までしか来られなかったので、そこまで戻って釣り上がっても良かったのですが、安易にここから上流部を釣ることにしました。左から滝で入ってくるのが小荒川沢、右側からの流れが大荒川沢です。

9:32 通過

P5150120.jpg
22 3mの滝
 この滝の通過は容易です。

10:11 通過

P5150166.jpg
23 深い淵
 ここは高巻きます。 
 
P5150125.jpg
24 大荒川沢の流れ
 先日行った槙の沢とは違い、石に苔がついていて、流れが安定していることが分かります。

11:24 通過

P5150149.jpg
25 本日の納竿点
 正午はまわってしまったのですが、きりのいいところまでということでここまで来ました。

12:32 8m滝 着 納竿
12:42      発

P5150195.jpg
26 入渓点再び
 入渓点に戻りひと休みしていると雨が降り始めたので、帰り支度を急ぎましたが、雨はすぐに止んだので、慌てずに帰路につきました。

13:21 入渓点 着 休憩
13:55       発
14:37 ヒダナ沢 着
14:46        発
15:08 中小屋沢 通過

P5150213.jpg
27 針葉樹の森
 帰り道の風景です。この写真の木はツガですが、天然ヒノキやゴヨウマツも生えています。

P5150217.jpg
28 広葉樹の森
 下降点に近づくと広葉樹の森になります。ブナ、イヌブナ、シオジ などです。今日も前回につづき1日中霧の中でした。霧がかかった新緑は、風情があっていいものです。

15:27 荒川林道からの下降点 通過

P5150225.jpg
29 ツガの倒木
 前回に続いて倒木の姿を。

P5150232.jpg
30 カツラの大木
 この辺りにはカツラの大木が何本も生えています。最後の急勾配に入ってから道を外してしまい、急斜面を強引に降りたせいか、ピンソールを二つとも紛失してしまいました。新しいピンソールを買わねば。
 
P5150236.jpg
31 取水口再び
 荒川小屋跡からここまで、帰りは2時間13分ほどでした。

16:07 取水口 着
16:30 駐車場 着
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)