浦山川2017

P4220042.jpg
1 近場の谷
4月22日(土)に渓流保存会の人たちと浦山川の上流部へ釣査に行ってきました。管理人にとっては今期初釣行です。近場の谷に架かる橋のたもとで休憩。
 
6:42 ゲート
7:25 近場谷
P4220045.jpg
2 営林小屋跡
 山道は年々荒れてきていますが、この廃屋辺りまでは難なく行けます。

8:05 通過

P4220047.jpg
3 山道崩壊地点1
 廃屋からほんの少しゆくと、山道の崩壊地点にぶつかります。道の形状から推測するに、ここには木製の橋が架かっていたのが、朽ちて無くなってしまったように見受けられます。昨年は、ここの迂回路として山道の上部を通りました。今年は、迂回路組と山道探索組に分かれて、崩壊した山道を探索しながら通過しました。

8:13通過

P4220048.jpg
4山道崩壊地点2
 途中数カ所崩壊地点があり、かなり足場が悪く滑落の危険が高いので、お勧めできません。しかし慎重に対処すれば、行くことは可能です。

8:32通過

P4220053.jpg
5 迂回路組と合流
 時間的にはあまり変わりませんでした。ここで小休止。

8:56 合流

P4220057.jpg
6 鎌倉滝
 山道からは全体像の見えないのが残念です。

9:21 通過

P4220058.jpg
7 入渓点
 山道が河にぶつかるところです。この先も植林地があるので仕事道は続いているはずですが、よく分かりません。
ここから釣査開始です。

9:28 着 休憩

P4220096.jpg
8 昨年の納竿点の滝
 この滝には高巻き道がついていますが、水線通しに行けます。天気予想に反して、この辺りから雨が降ってきました。霰混じりの冷たい雨です。

10:58 通過

P4220102.jpg
9 滝の直登
 この滝も水線通しに行けます。
 
11:17 通過

P4220109.jpg
10 残雪
 残雪が現れました。冷たい雨が降り続きます。

12:00 通過

P4220113.jpg
11 納竿点の滝
 雨がやみそうにないので、この滝で納竿しました。よって、残念ながら魚止めの確認はできませんでした。

12:19 着
12:28 発

P4220131.jpg
12 滝のclose up

P4220086.jpg
13 浦山川の イワナ拡大図1
 拡大すると大物そうでいいですね。顎が曲がり始めてオスの顔をしています。

P4220089.jpg
14 浦山川のイワナ 拡大図2
 秩父イワナ特有の綺麗なオレンジ斑が現れています。

P4220145.jpg
15 帰りの山道
 入渓点までは川筋を戻り、そこからは、山道を帰りました。崩壊地点の通過はやめて、全員迂回路を使いました。

13:06 入渓点 休憩
13:19       発
14:38 近場谷 通過
15:24 ゲート 通過
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)