強風の八ヶ岳

1月5日(木)~6日(金)に、職場の同僚と、昨年に引き続き雪の八ヶ岳に行ってきました。

1日目
P1050005.jpg
1 ところどころに雪の積もった林道
 本日中に赤岳山頂に登るという計画のため、家を4時に出発しました。途中の朝食休憩を入れて3時間半で、美濃戸口の駐車場に着きました。駐車料金は、1日1000円です。

4:00 自宅 発
7:30 美濃戸口駐車場 着 7:50  発
P1050039.jpg
2 日の当たり始めた登山道をゆく
 駐車場の先の林道は、一般車両進入禁止です。その林道を50分ほど歩いて、登山道に入ります。沢沿いの道なのでそれほど斜度はありません。積雪は、林道では無いところもありましたが、登山道に入ると次第に増えてきます。

8:40 林道終点 5分休憩

P1050042.jpg
3 赤岳鉱泉小屋と名物アイスキャンディー
 1時間半ほどで赤岳鉱泉小屋に到着。圧雪なので、アイゼン無しで小屋まで来られました。

9:30 赤岳鉱泉小屋 着
10:03           発


P1050057.jpg
4 行者小屋
 赤岳鉱泉小屋から行者小屋までも圧雪でトレースがしっかりしていたので、アイゼン無しで問題なく行けました。
 小屋の前で冬山装備を加えました。アイゼンをつけ、ピッケルを取り出し、防寒暴風対策をして、いざ出発です。
 正面の山は、阿弥陀岳です。

10:33 小屋 着

P1050060.jpg
5 行者小屋から見た横岳の岩峰 
 振り返れば、横岳の岩峰が見えます。
 
P1050065.jpg
6 阿弥陀岳方面と赤岳方面への分岐
 どちらの道にもしっかりとしたトレースがあります。我々は、文三郎尾根に向かいます。

11:05 通過

P1050075.jpg
7 文三郎尾根の最初の急登
 分岐から斜度が増し始め、急勾配に突入しました。

11:28 通過

P1050081.jpg
8 文三郎尾根から見た横岳
 森林限界を過ぎて、視界が良くなりました。その分風も強くなりましたが。

P1050088.jpg
9 文三郎尾根をさらに進む

P1050099.jpg
10 ここで1名リタイア
 脚の調子が思わしくないということで、ここから先は、2人で登ることになりました。


P1050105.jpg
11 阿弥陀岳と中岳
 この尾根は急勾配のため、若くない2人は、休み休みの登りです。後ろに見える右が阿弥陀岳、左が中岳です。

P1050115.jpg
12 阿弥陀岳、中岳方面と赤岳方面への分岐
 いちばん風の強いところへ来ました。登ってくる途中で、強風のため赤岳へ行くのを諦めてここで引き返した登山者に会ったので、無理なら我々も引き返そうということでここまできました。確かに強風が吹いていましたが、この写真を撮れるくらいには耐えられたので、赤岳山頂を目指すことにしました。
 
12:13 通過

P1050119.jpg
13 分岐から見た赤岳
 目指す赤岳山頂です。
 

P1050129.jpg
14 頂上直下の岩場
 稜線帖の登山道が南東側に回り込むと、風が収まりました。夏道に沿ってとレースもしっかり着いていて、圧雪なので、難なく登れます。  

087A0950.jpg
15 ちょっとポーズ 

P1050134.jpg
16 赤岳頂上
 風が当たらない岩陰で昼食休憩にしました。

13:00 着 昼食休憩

087A0952.jpg
17 赤岳から見た阿弥陀岳
 当初予定では山頂から地蔵尾根を回って下山するはずでしたが、負傷者が出たので、登ってきた道を下ります。

087A0969.jpg
18 文三郎尾根 再び
 我々がこの日の最後の登頂者だったようで、登ってくる人には誰にも会いませんでした。振り返っても誰もいません。

13:50 阿弥陀岳、中岳方面と赤岳方面への分岐 通過

P1050153.jpg
19 行者小屋 通過
 阿弥陀岳の影がコントラストを作ります。小屋の奥の山が硫黄岳、右が横岳です。小屋は冬期閉鎖中ですが、テント泊の人たちが、続々とやってきます。

14:41 行者小屋 通過

P1050156.jpg
20 それを切り取ると

087A0988.jpg
21 別のカメラで

087A0993.jpg
22 行者小屋から赤岳鉱泉小屋へ向かう途中の登山道から見えた硫黄岳

15:20 赤岳鉱泉小屋 着 宿泊

2日目
087A1011.jpg
23 八ヶ岳遠景
 朝食を食べ8時に下山開始です。下りなのでアイゼンをつけました。
 この写真は、車での帰り道に原村から見た八ヶ岳です。

087A1013.jpg

24 北アルプス遠景
 同じく、北アルプスの峰々です。人工物がなるべく入らないように撮影しました。

 8:00 赤岳鉱泉小屋 発
 9:40 美濃戸口駐車場 着
16:00 自宅 着

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)