初冬の燕岳

 11月16日(水)~17日(木) 職場の同僚と北アルプス燕岳に登ってきました。

1日目

087A0639.jpg
1 中房登山口の山
 自宅から途中までは雲も無く、いい天気だったのですが、安曇野辺りからは雲が広がってきて、登山口に着いたらご覧のとおり。木々は、霧氷に覆われていました。

5:00 自宅 発
9:37 中房無料駐車場 着
PB160013.jpg
2 中房温泉登山口 
 登山届けを出して登山開始。後ろに見えるのは、日帰り温泉施設です。

10:07 登山口 発


087A0645.jpg
3 第2ベンチを過ぎた辺りの登山道
 この辺りは、クロベ、コメツガ、ゴヨウマツなどの常緑樹にカラマツやダケカンバの混ざった森です。
  
10:34-42 第1ベンチ 休憩
11:05 第2ベンチ 通過

PB160024.jpg
4 霧氷
 第3ベンチ付近までは、雲の中で、樹には、霧氷が着いていましたが、その先は、雲の上に出て、快晴、視界良好となりました。

11:40 第3ベンチ 通過

087A0655.jpg
5 富士見ベンチに座って富士山を眺める の図

12:13-26 富士見ベンチ 休憩

PB160032.jpg
6 急登
 この登山道は、北アルプスの三大急登の一つだそうで(管理人は、日本三大急登の一つだと勘違いしていました。)、登山客が多い地ゆえ、階段が随所にあります。 

PB160036.jpg
7 花崗岩の山
 風化しているので、登山者が多ければ登山道はこうなります。

PB160045.jpg
8 カラマツ
 登山口ではまだ葉が残っていましたが、この辺りでは落葉松の字の如くになっています。

PB160051.jpg
9 合戦小屋
 この季節になると、平日は営業していないようです。ここで昼食休憩。

12:55-13:19 合戦小屋 昼食休憩

PB160058.jpg
10 ダケカンバの疎林
 合戦小屋の上部は、樹がまばらになり、ぐっと明るくなります。稜線に出るとハイマツが多くなり視界良好です。

087A0670.jpg
11 稜線から見た槍ヶ岳
  視界良好につき、大天井岳、常念岳への稜線とその奥の槍ヶ岳もよく見えます。

087A0692.jpg
12 燕岳
 今回の目的地、燕岳もはっきり見えます。その稜線の先の山々も白馬岳あたりまでよく見えます。  

087A0699.jpg
13 振り返ってみれば
 雲海がだいぶ下の方になりました。

PB160066.jpg
14 雪の登山道を行く
 稜線から先の登山道には、雪が積もっています。登りは慎重に行けば大丈夫ですが、下りは、滑り止め(アイゼン)があった方が良い状態です。

PB160076.jpg
15 燕山荘
  ほぼ予定通りの時間で着きました。宿泊手続きを済ませて、ひと休み。

14:46 燕山荘 着

087A0706.jpg
16 燕山荘から見た燕岳
 雪景色を期待してきたのですが、数日前の雨で、それ以前に降った雪が解けてしまったようです。夏道を使って燕岳山頂に向かいます。

15:26 山荘 発

087A0711.jpg
17 燕岳名物 イルカ岩

087A0723.jpg
18 燕岳名物 メガネ岩

PB160077.jpg
19 燕岳山頂

15:56-16:07 燕岳山頂

087A0768.jpg
20 夕焼け空
 山荘へ戻る途中で日は沈んでしまったようです。残念ながら雲がかかって日没を見ることはできませんでした。その後の夕焼けもそれほどではありませんでした。

 16:40 山荘 着
 16:52 撮影

087A0813.jpg
21 月の出
 夕ご飯は、17時半から。宿泊者は20人くらいいるようです。日没が見られなかったので食事後も食堂でまったりしていたら、月が出ているというので、外へ出てみたら、雲の間から月齢17日の月が出ていました。

18:27 月の出

087A0821.jpg
22 大町市方面の夜景
 残念ながら曇り空のため、星か見られなかったので、人工の星でお茶を濁すことに。

2日目

087A0826.jpg
23 夜明けの月
 夕焼けが今ひとつだったので、朝焼けを期待して、日の出予定の1時間ほど前に外に出てみました。雲は消えて月が明るく照らしていました。この写真には月の下側にオリオン座とシリウスが映り込んでいるのですが、この大きさだと分かりませんね。

5:36 撮影

087A0868.jpg
24 日の出
 朝焼けは今ひとつでしたが、太陽は、雲の間から顔を出してくれました。

6:23 撮影

087A0887.jpg
25 槍ヶ岳
 振り返って朝日の当たる槍ヶ岳の写真を撮っていたところ、

6:30 撮影

087A0896.jpg
26 ガスの中
 あっという間にガスが湧いて、槍ヶ岳は雲の中です。

6:36 撮影

PB170087.jpg
27 燕山荘のマスコット
 この先には、燕岳が見えるはずなのですが。

PB170093.jpg
28 下りは、アイゼンをつけて
 ガスがかかって視界がきかないので、早々に下山することににしました。足元は良くないので、雪の残っているところまではアイゼンをつけて下ります。

8:30 山荘 発

PB170098.jpg
29 登山道脇の倒木
 帰りは、合戦小屋で休憩した以外は、さくさくと下山しました。途中に新しい倒木が何本もありました。いつの大風で倒れたのでしょうか。
  
9:17-28 合戦小屋
10:03 第3ベンチ 通過
11:22 中房登山口 着

PB170114.jpg
30 有明荘 露天風呂
 今回は、登山口にある温泉ではなく、有明荘で温泉に入って帰りました。燕山荘に泊まると、100円割り引いてもらえます。客が他にいなかったので、写真を1枚。源泉は、中房温泉とは別です。

14:00-20 昼食
18:00 自宅 着
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)