葉脈標本

8月16日(火)にムクゲ自然公園のイベントとして、葉脈標本を作りました。

P8160025.jpg
1 葉脈標本 完成品
 カシワとモクレンです。
P8160002.jpg
2 素材の生葉

P8160001.jpg
3 薬品処理
 10%水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)液で10分ほど煮ます。水酸化ナトリウムには、タンパク質を溶かす性質があります。その性質を利用しているわけですが、人間もタンパク質でできているので、取り扱いには注意が必要です。最低限手袋をしたり防護眼鏡をかけたりして、直接薬品が皮膚に着かないようにしなければなりません。

P8160009.jpg
4 葉肉を落とす
 薬品処理した葉を水にさらして薬品を抜き、ブラシで叩き葉肉を落とします。モクレンの葉です。

P8020001.jpg
5 葉脈
 葉脈が現れました。これは、ホオノキの葉です。

P8020011.jpg
6 漂白
 家庭用漂白剤で漂白します。

P8160013.jpg
7 乾かして、形を整える
 お急ぎの場合は、アイロンで。お急ぎでない場合は、押し葉の要領で。

P8160021.jpg
8 栞
 小さい葉を使って、しおりにしました。

P8160024.jpg
9 お蚕さま謹製
 桑の葉の葉脈標本は、薬品処理ではできません。おかいこ様さすがです。

→ 続 葉脈標本へ続く 
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)