滝川水晶谷遡行

 沢登りをする人たちと滝川本流、水晶谷を源流部まで遡行してきました。

P6110012.jpg
1 林道を歩く
 今回の参加者は、管理人を含めて4名です。今回は、釣りというよりは沢登りです。管理人以外は前夜、出会いの丘について、仮眠を取っていました。朝合流して準備をし、出発です。梅雨に入っていますが、晴れて気温も高く、沢登りにはいい天気です。 

6:05 出会いの丘 発
P6110016.jpg
2 雁坂小屋への分岐
 帰りは右の道から降りてきました。
 
6:42 通過
7:05 水場(休)
8:05 槙の沢分岐(休)

P6110031.jpg
3 入渓点
 6月なのに渇水しています。平水より10㎝は少なく見えます。

8:40 入渓点(休)

P6110037.jpg
4 吊り橋小屋跡

P6110047.jpg
5 最初のゴルジュ帯突入

9:40 三本桂沢出合(休)
9:54 ゴルジュ突入

P6110050.jpg
6 二条の滝

9:56 通過 

P6110056.jpg
7 かつての悪場
 現在は難なく通過できます。

10:00 通過

P6110060.jpg
8 へつり

P6110065.jpg
9 本日最初の難所
 この滝は、水線通しに進みます。 

P6110069.jpg
10 下から見ると

P6110073.jpg
11 上から見ると

10:12 滝通過(休)

P6110089.jpg
12 釣行開始
 難所を過ぎて少し休憩してから、竿を出しました。3人毛針で、1人は見学です。

P6110097.jpg
13 イワナがかかりました。
 しかし、滝川流域のイワナは、他水系のものが交雑していて、秩父の在来種とは違っています。

P6110100.jpg
14 ヘアピン

11:30 通過

P6110110.jpg
15 ブドウ沢合流点直下の三段の滝の最下段 
 本日ふたつめの難所です。上部に残置ロープがあるので、それを利用して滝上部に出ます。6年前に県の防災ヘリコプターが墜落した場所です。

11:44 通過

P6110126.jpg
16 2つ目の滝
 滝の上流を対岸に渡り、次の滝の右岸を登ります。ここにも残置ロープがあります。 

P6110132.jpg
17 3つ目の滝
 ここでは何人もの人が滑落して亡くなっています。無理をしないで、体力の無い人や上手くスタンスのとれない人は、荷物を別便にして通過します。

P6110137.jpg
18 身軽になって無事通過
 
P6110143.jpg
19 ブドウ沢合流点先
 水量が半減します。暫く斜度の緩い流れが続きます。

12:10 通過

P6110148.jpg
20 次のゴルジュ入り口
 以前は深い淵があったのですが、倒木によって土砂が堆積し、ご覧のように小さくなってしまいました。
 ここで昼食休憩。

12:51 (休)


P6110151.jpg
21 本日3つ目の悪場
 ここにも残置ロープがあるので、それを使えば難なく越えられます。以前は、ロープ無しでも越えられたように記憶には残っているのですが、記憶は曖昧です。

13:40 通過

P6110162.jpg
22 古礼沢出合
 左から流入するのが古礼沢です。ここで流量はまた半減します。当初はここで泊まる予定でしたが、時間が早かったので、さらに上流に向かいました。

14:30 通過

P6110175.jpg
23 テン場
 本日の幕営地です。わき水が出ているのでここにしました。幕営地はここの少し上流にもあり、そちらには、2~3日前に泊まった形跡がありました。

15:12 着

P6110169.jpg
24 伏流
 幕営地の上部は、100mほど伏流しています。これほど渇水しているとは思いませんでした。

21:30 就寝

→続 滝川水晶谷遡行 に続く
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)