和名倉沢の大滝を見に行く

 先週の赤沢に引き続き、渓流保存会の人たちと和名倉沢に出かけました。

087A8142.jpg
1 作業小屋跡
 この流域は、古くから伐採、植林の行われた山域なので、山仕事用の作業道が何本もあります。そのひとつを使って大滝手前まで入渓せずに行きます。

5:15 駐車場 発
5:50 作業小屋跡 着  休憩
087A8144.jpg
2 山の神
 
6:30 着 休憩

 087A8153.jpg
3 通らず入り口の滝
 山道が途切れたら、沢筋を遡行していきます。
 
7:00 入渓
7:30 通らず

087A8158.jpg
4 高巻き道から見た通らずの連瀑
 
087A8181.jpg
5 大滝
 3時間近くかかってやっと到着しました。 40mある滝の前で、たまには記念撮影でも。
この滝の高巻きが大変でした。

7:50 大滝 着 休憩

 087A8195.jpg
6 次の滝
 大滝の先から釣査を始めたのですが、イワナの反応がほとんど無かったので、出会った滝を撮って並べてみました。

9:30 通過

087A8204.jpg
7 10:20 通過

087A8197.jpg
8 10:35 通過
 
087A8217.jpg
9 11:10 通過

087A8226.jpg
10 12:15 通過

087A8229.jpg
11 13:10 通過

087A8245.jpg
12 13:35 通過

087A8247.jpg
13 本日の納竿点
 帰り道は、行きで使った作業道とは別の作業道、(かつて作業道だったところ)をたどって下山しました。途中和名倉山の登山道として使われているところにぶつかりますが、さすがに登山道部分は整備されていました。

13:50 納竿
15:00 和名倉山登山道

087A8222.jpg
14 和名倉沢のイワナ
 今日は、イワナの機嫌がすこぶる悪く、ほとんどお目にかかれませんでした。なんとか記念撮影できたイワナです。

087A8255.jpg
15 ギンリョウソウ
 しばらく登山道を下って再び作業道を探しました。道に迷う場所もありましたが、なんとか予定の道を見つけ出し、無事下山することが出来ました。下山途中で見つけたギンリョウソウのコロニーです。

16:50 最初の作業小屋跡
17:40 車
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)