春の自然観察会

 ここ数日初夏を思わせる日が続いて、ムクゲ自然公園のなかも緑が濃くなってきました。秩父山里文化研究会主催の自然観察会です。参加者は野草を描く会の方々と公園スタッフ合わせて10名ほどです。

P1150080.jpg
1 散策路入り口
 最初は、稲穂山古墳下の散策路を行きます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

二名良日 『植物図鑑』 最終日

087A7463.jpg
087A7464.jpg
087A7459.jpg
087A7460.jpg
1  二名良日 「植物図鑑」
 ムクゲ公園の美術館で展示されていた、二名良日 「植物図鑑」 の展示も今日、4月19日(日)が最終日です。これは、入り口にあった看板の字です。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

間伐14-3

 4月5日(日) 間伐作業も終盤に入ったので、秩父山里文化研究会主催のキノコの駒打ち体験をやりました。天候が安定せず、午前中は雨が降っていましたが、開始予定の13時にはやんでいたので、少しだけ打ちました。今回は、シイタケ1000駒、ナメコ1000駒、エノキタケ1000駒を用意しましたが、そのうちエノキタケ500駒を打ちました。残りは、来週12日(日)に打ちます。

087A7324.jpg
1 エノキタケの原木
 用意したのは、エノキ(左)とケヤキ(右)です。看板は、つい先ほど作りました。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)